予防対策は今のうちからがベスト|認知症もサプリメントで対策OK

きっかけは物忘れ

思い出す練習をしよう

Medicine

物忘れをすることは誰にでもあるものですが、回数が一度や二度ではなくなってきたら認知症の予防を始める必要があります。認知症の予防といっても難しいことをするわけではなく、むしろ当たり前のことを見直していくものだと考えると始めやすいです。一日を思い出すということで、日記をつけていくことから始めていろいろなことを思い出す習慣を作るとよいです。認知症になってしまうと、いろいろなことを思い出せないケースが多いので、思い出す練習をすることにより予防になります。日記をつけるようになれば一日にあったことを思い出す必要がでてくるのでしっかり記憶できているかどうか確認することができます。自分で確認できれば認知症になりにくくなります。

医師に相談しよう

認知症になっているかいないかは、現在であれば医師に相談すれば確認してもらえるので病院に行ってみるという方法もあります。医師に相談すれば、予防ということでいろいろ教えてもらえますので、何をすればいいのか分かります。また、転倒などをしないように気をつけることも予防につながるものです。認知症を防ぐためには、適度に運動して、栄養バランスのとれた食事をするとよいです。健康的な生活を送ることが一番の認知症予防といえるので、人と話す機会を増やすことも必要になります。あとは、新しいことを始めることも脳にはいい刺激になります。同じことばかりを続けるのは脳にとっては老化を進めてしまう要因になります。歳だからといって何もやらないでいると認知症を悪化させる恐れがあります。予防のためにも脳には新しい刺激を与え続けることが重要になります。